茶道 表千家 日本文化を学ぶ

「茶道はお金がかかる」は本当?

茶道はお金がかかるのでしょうか?

茶道に興味があっても、なかなか始められない理由はいくつかあると思います。

 

身近で習っている人がいない

 

どうやって教室を見つけらた良いかわからない

 

月謝やお免状はどういうシステム?

 

着物を着れないとダメなのでは?

 

特に、お月謝以外に何がかかってくるのか?お免状にいくらかかって、先生となるには何年かかって・・・

 

気になることはたくさんあると思います。

 

私もずっと思っていたことがありました。
それは、「茶道の先生になるには、そこそこセレブじゃないと無理なんじゃないの?」っていうことです。

 

私現在2人目の先生ですが、お2人ともやっぱりいいところのお嬢様です。品もあるし、お金もそこそこあります。ご自分の家を教室とされていて、6畳、8畳の部屋に炉を切って教室にしています。

 

掛物、茶碗、茶器、花器、季節ごとに数種類お持ちですし、着物もたくさんお持ちです。

 

先生になるって、こりゃ大変だぁ・・・と思っていたんですね。

 

でも、最近そういうふうに考えなくなりました。
先生もおっしゃるのですが、

 

「お金をかけなくても、いくらでもやりようがありますよ」ということです。

 

茶道に凝りだすと、お道具を揃えたくなってきます。
有名な宗匠の花押の入ったお品、古美術にも目が利くようになり、人間国宝の焼物が欲しくなったり、言い出すとキリがありません。

 

また、着物や帯も凝りだすと大変な金額になります。

 

ですが、お金をかけないでも茶道はできるんです!

 

例えば、畳がなくても、風炉は置けますし、どうしても炉が欲しければ置き炉という手もあります。
マンションだって、畳を炉の分だけ高く敷き掘りごたつならぬ、掘り炉みたいな感じにしてやることもできます。
道具に関して言うと、茶杓、柄杓は茶道専用のものが良いですがこれらも安く揃えられます。
そして、茶碗、建水、水差しなども、見立てで家にあるそれらしい器で代用ができます。

 

夏なら、水差しをガラスのサラダボールなどにしても良いでしょうし、建水も手頃な大きさの鉢などでいくらでも代用できます。

 

特に海外土産のボールなどは絵柄も面白いので、組み合わせを考えながら和のものの中に置くと、また味があって美しいです。

 

着物は月謝以外ににかかる諸費用のページでも述べていますが、リサイクルでお安く手に入れることができますし、洗いもインターネットでお安く洗えます。

 

⇒着物クリーニング(丸洗い)最安値の詳細ページ

 

お道具の合わせ方でセンスは問われるかもしれませんが、それは決して由緒あるものでなくてはいけないということはありません。自分の思い出の品、お土産で頂いたものなど、そういうものでいいのだと私は思います。

 

 

 


茶道 ブログランキングへ

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 表千家 茶道の歴史 表千家相伝物と教室の探し方 茶道具