茶道 表千家 日本文化を学ぶ

茶の湯の歴史と表千家歴代

茶の湯の歴史

抹茶が日本にやってきた日

 

「抹茶」は鎌倉時代、栄西禅師(1141から1215)が伝えたといわれます。

 

栄西は中国(宋の時代)に渡り、仏教の修行を積んで臨済宗を日本に伝え、
その時に、茶の木を持ち帰り、抹茶の飲み方もわが国に紹介しました。

 

 

将軍の二日酔いも治した「抹茶」

 

栄西は鎌倉幕府3代将軍実朝が二日酔いで苦しむのを見て、
抹茶を献上してその不快を取り除き、抹茶の効能や飲み方などを
「喫茶養生記」に著して、抹茶を世の中に広めることに成功しました。

 

将軍の二日酔いを治したのだから、きっと、ものすごい反響だったのでしょうね!

 

その後、栄西は弟子である京都栂尾(とがのお)高山寺の明恵上人(1173〜1232)
に茶の木の種を贈り、茶を栂尾に植えて、良質の茶を作ることに成功しました。

 

そして、修行中の僧の眠気を取り除く助けになると抹茶を飲むことをすすめ、
やがて僧侶の間に普及していきました。

 

 

茶カブキの前身?「闘茶」の流行

 

茶道を習っている方はご存知かと思いますが、七事式の中に「茶カブキ」がありますね。
3種のお茶を飲んで、お茶を作られた会社名(いわゆるお詰め)を当てるという遊びですが、

 

まだ茶道が確立されないうちから、同じような遊びがありました。

 

鎌倉時代末期にやはり中国から伝わった「闘茶」です。

 

闘茶とは、栂尾のお茶「本茶」と、栂尾以外のお茶「非茶」とを
飲み分ける遊びで、当時の公家や武士を中心に流行しました。

 

賭博の要素が強かったそうです。
今の茶道では考えられませんが、

 

・・・なんだか、気持ちは分かります(笑)

 

何かを賭けたほうが盛り上がりますものねぇ〜!

 

 

さて、その闇茶が流行し、やがて一般庶民にまで広がっていくんですね。
室町時代になると、東寺の門前で「一服一銭」という売茶人が店を出していた
という記録も残されています。

 

 

書院の茶「君台観左右帳記」(くんだいかんそうちょうき)

 

室町時代になると、唐物(からもの)名物を鑑賞しながら抹茶を飲むことが
始まります。

 

吟味された唐絵や唐物の道具を書院座敷に飾り、台子に風呂釜、
皆具などを使い、書院座敷の次の間で立てたお茶を参会客に振舞っていたようです。

 

それは能阿弥が書き残した「君台観左右帳記」(くんだいかんそうちょうき)から
創造することができます。

 

 

とうとう、茶道っぽくなってきましたね〜!

 

 

詫び茶の祖

 

侘び茶を作ったのは、村田珠光(むらた しゅこう)であるといわれています。
そして、その後、武野紹鴎(たけの じょうおう)1502-1555、千利休へと伝えられていきます。

 

歴史で聞いたことのある名前ですが、すっかり忘れてしまったので、ここで人物の紹介をしますね♪

 

 

村田珠光(むらた しゅこう)1423-1502

 

珠光は、奈良の称名寺(しょうみょうじ)の僧で、能阿弥から座敷飾りの相伝を受け、
足利義政とも交流があったと伝えられています。

 

大徳寺の一休和尚に禅を学び、その精神を茶に取り込むことによって、草庵の侘び茶を
確立し、その後侘び茶の開祖を言われるようになりました。

 

一間床のついた四畳半に炉を切ることを初め、竹台子は珠光の好みとして伝えられています。

 

 

 

 

竹野紹鴎(たけの じょうおう)1502-1555

 

紹鴎は室町時代の交易の中心地、堺の豪商の家に生まれ、若い頃から茶の湯、連歌、
香道などを学び、南宗寺の大林和尚に禅を学びます。

 

やがて上洛して、珠光の伝える侘び茶を修得し、京都四条に大黒庵を開きました。
四疊半より小さい三畳敷などの小座敷を考案し、草庵にふさわしい道具を取り入れて
侘び茶をさらに深め、やがて弟子の千利休に伝えることとなります。

 

 

 

千利休から始まる、歴代の詳細ページへ

 


茶道 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 表千家 茶道の歴史