茶道 表千家 日本文化を学ぶ

2.習い事

 

入門と一緒に取るお免状です。

 

表千家習事十三ヶ条のうちの、習事八ヶ条を習得します。
入門を除くと、表千家で一番最初の相伝物です。

 

入門での基本を踏まえた上で、
茶事などの特別な状況で必要な動作や、
名物や由緒のある道具を用いた場合の点前を稽古します。

 

 

申請料:1万円〜一万5千円

 

 

習事八ヶ条

 

台飾り(だいかざり)

 

客が貴人の際に、天目台(てんもくだい)
を使用して、お茶を出す濃茶点前です。

 

天目台はあらかじめ棚に飾っておき、
濃茶を練り上げた後に、天目台にのせて出します。

 

天目茶碗は利用しません。

 

 

組合点(くみあわせだて)

 

建水が名物か、由緒ある品の時に行う濃茶点前です。

 

棚には、薄茶器、柄杓、蓋置を、
水指の上には、茶巾、茶筅、茶杓を、

 

茶入を仕組んだ茶碗を、建水にのせた状態で棚前に飾ります。
点前を始める際には、何も持たずに入室するので楽チンです。

 

仕組点(しくみだて)

 

道具を運ぶ手間を省いた濃茶点前で、老人点前とも言います。

 

棚に柄杓と蓋置、茶入を棚前に飾っておき、
建水に仕組んだ茶碗をのせて、一度で運び出します。

 

組合点に似ていますが、建水が名物でなくても行えます。

 

 

長緒(ながお

 

大海や老松などの平茶入や、茶碗の仕服を扱います。

 

仕服で、結ぶヒモ(緒)が長いものを長緒といい、
その扱いについて稽古します。

 

うちの社中では年に1度お稽古してますが、いつも、どこか間違ってしまいます(´・ω・`)

 

 

 

盆香合(ぼんこうごう)

 

香合が名物か、由緒のある品の時に行う炭点前です。
棚に香合を飾っておき、盆にのせて扱います。

 

 

 

花所望(はなしょもう)

 

花入が名物又は、由緒ある品の場合や、
客から花を頂いた際などに、亭主が客に所望して、
床に花を入れてもらう作法です。

 

 

炭所望(すみしょもう)

 

炉の季節に、亭主から客に炭点前を所望する作法です。
寒い時期の火の側はほっと一息。茶事に趣が添えられます。

 

 

 


茶道 ブログランキングへ

 



ホーム 表千家 茶道の歴史 表千家相伝物と教室の探し方 茶道具