茶道 表千家 日本文化を学ぶ

表千家 相伝物 一覧


茶道 ブログランキングへ

 

茶道のお免状の意味

 

お免状というのは、これからそのお稽古をしてもいいですよ〜っていう、
お許しのことなんですね。

 

だから、例えば、習い事のお免状をいただいた場合、

 

× 習い事を習得した♪
○ 習い事をこれから習える♪

 

なんですね。

 

なので、上のお手前は基本的に見ることは許されません。

 

ですから、お免状は早めに取っていただいた方が、上のお手前が見れるので私はどんどんとって貰っています!

 

 

といっても、ある程度制約というか、決まりごとがありますので、それについても触れながら
お免状の種類をあげていきたいと思います。

 

 

また、申請料も記しておきますが、2014年現在のものとして参考程度にしてくださいね。
(申請料とは、表千家へ申請するさいにかかる金額のことです。)

 

実際には申請料と、先生へのお礼(申請料の半額から同額のところが多い)が必要ですが、
先生によって違うのでこれも参考程度にお考えください。

 

同じ先生でもお礼の金額が違う場合があります。
免状をいただく時、相伝式という茶事がありますが、相伝式をしないのでお礼はいいとおっしゃって
受け取らない方もいます。

 

また、相伝式で本格的な茶事をしていただける場合などは、お礼以外にも水屋料や、
お相伴料など、必要になる場合もあります。

 

その時々で違うので、先生にお尋ねしましょう。

 

 

 

表千家 相伝物

 

<%%>

 

<%%>

 

<%%>

 

<%%>

 

<%%>

 

<%%>

 

<%%>

 

 

 


茶道 ブログランキングへ

表千家 相伝物 一覧記事一覧



ホーム 表千家 茶道の歴史 表千家相伝物と教室の探し方 茶道具