茶道 表千家 日本文化を学ぶ

十代 吸江斎 祥翁宗左

十代 吸江斎(きゅうこうさい) 祥翁宗左(しょうおうそうさ)1818-1860

<%%>

久田皓々斎(こうこうさい)(了々斎の実弟)の男子で、了々斎の死後、8歳で養子となり家督を継ぐことになりました。
翌年、吸江斎の斎号を受けます。

 

10歳になると紀州家へ出仕。

 

19歳(天保7年)治宝公により台子真点前の皆伝を授かります。
これにより、表千家の道統が守られることとなります。

 

吸江斎は幼年書きと言われる無心な筆の一行や絵賛が特徴的です。

 

天保10年、利休二百五十回忌を務め、それに際して粗堂の改築を行い、現在の姿となりました。

 

年回に当たりの記念品として大徳寺五老松を用いて利休形大・中・小の棗を作り、それぞれ「力」「圍」「希」の文字をいれました。

 

また、紀州徳川家の御庭焼にてえ、永楽保全、旦入らに各種の焼き物を焼かせて、幕末における京焼技法を地方へ知らしめるきっかけを作っている。

 

伝来「紫交祉 寿の字水指」はその一つであり、天保15年拝領したと書付があります。

 

晩年家督を嫡男碌々斎 (ろくろくさい)に譲り、隠居して宗旦となっています。

 

万延元年6月6日没 享年43歳

 

 


茶道 ブログランキングへ

 

吸江斎の好み

 

島台茶碗.

 

 

紫交祉 寿の字水指

 



ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 表千家 茶道の歴史