茶道 表千家 日本文化を学ぶ

四月の掛け物

「花下半日客」はなのしたはんにちのきゃく

 

 

石激 垂見之上乃 左和良妣乃 毛要出春尓 成来鴨」志貴皇子 万葉集より

 

「石(いわ)ばしる、垂水(たるみ)の上の、さ蕨(わらび)の、萌え出づる春になりにけるかも」
岩を流れる滝のほとりのワラビが芽を出してくる春になったんですね

 

 

 

 


茶道 ブログランキングへ



ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム