茶道 表千家 日本文化を学ぶ

十二月の茶菓子

1.椿

 

<%%>

 

12月になると、茶花として椿が使われます。椿の種類もたくさんあって、白玉椿、西王母、羽衣、侘助など、茶道を習い初めて椿にどんどん魅せられています♪

 

日本だけでも1000種以上もあるそうですよ。

 

このお菓子は何椿でしょうか?

 

目録で銘を見てくるのを忘れてしまったのですが、
一重の薄いピンクの椿ですね。

 

やっぱり「茶花の女王の異名を持つ侘助でしょうか。

 

可愛いから姫侘助!ということにします(笑)

 


茶道 ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 



ホーム 表千家 茶道の歴史 表千家相伝物と教室の探し方 茶道具